ABOUT ADVANCE COURSE

アドバンスコースって?


国家ライセンス制度化を見据えた先進的カリキュラム

 この講習カリキュラムは目視外飛行・側面・対面飛行・撮影方法の教習内容を標準化し、2022年のライセンス制度化を見据えレベル4に対応する人材育成を行う内容です。

 

 また、新型コロナに影響で感染防止に観点から非接触環境が推奨される中、一社DPCAとの連携においても座学講習のeラーニング受講環境を整備しました。

 

 eラーニングでは動画学習をベースに法律・ルールや申請方法・撮影設定・安全運行管理・運用方法などの各項目を10名のインストラクターが分かりやすく丁寧にレクチャー致します。

このeラーニング環境の整備に伴い、受講者は全国どこからでも、好きな場所、好きな時間にドローンの運用に必要なノウハウを学習することができます。

 

 このコースはドローンの撮影方法を学び、目視外飛行や夜間飛行の運用方法を効率よく学べます

そして今企業の仕事に欠かせないドローン運用方法や証明書を所得できます。

2022年 ドローン操縦技能が国家資格へ


 

 

2022以降、政府は学科・試験を実施し、操縦者の技能証明を行う制度が始まります。都心上空などを第三者上空飛行に対応する「一等資格」と、その他の「二等資格」区分し、機体の種類や目視外飛行、夜間飛行など飛行方法に対して限定を付します。その中で、政府の登録を受けた民間講習機関が実施する講習を終了した場合、試験の一部または全部を免除すると公表しました。国内トップクラスの講習団体管理数を有するDPCAが管理・認定するドローンフライトオペレーター講習はその対象になり得る講習会と言えます。

ドローンフライトオペレーターが支持される理由があります


 

 

 

本講習では実技講習においてコーチモード採用しています。

コーチモードとは実技講習時、受講者が万が一誤った操作により機体が意図しない方向へ移動しそうになった場合でも、すぐにインストラクターが危険回避をできる方式です。

インストラクターが受講者の隣で送信機を持って指導する方式によって、安心して初心者の方に受講いただくことが可能です。

現場ニーズに対応するためのカリキュラムを実施


 

 

この講習会では実技1日目に国土交通省飛行マニュアル2-1

「基本的操縦技量の取得」を実施し、2日目に国土交通省飛行マニュアル2-2「業務を実施するために必要な操縦技量の習得」にかかる内容を実施します。

 

2日目には目視外飛行及び夜間飛行訓練も実施し、検定合格者へは国土交通省へ目視外飛行及び夜間飛行申請を行うために有効な技能証明書を発行致します。

【企業様向け受講概要】


受講内容

座学(eラーニング)

詳細は申込者にお伝えします。

実技 両日とも 9:00〜17:00ごろまで

 

※季節によって講習時間が前後する場合もございますので予めご了承ください。

※講習時間については多少前後する可能性があります。

※必ず連続で受講していただく必要はありません。隔週にて受講いただくことも可能です。

※一日目の実技に合格できない場合、再検定を受験していただきます。

受講費用

9,0000円(税込99,000円)

※eラーニング代、期待使用費、保険費込み

技能認証発行費

 15,000円(税込16,500円)

 ※再検定費は10,000円(税込11,000円)

最低催行人数

企業様講習のみの申し込みになりますので

5名からになります。

eラーニングに関して

座学に関しては新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から「eラーニング」に移行しました。

ネット環境がない方につきましては、従来の座学方式での対応も検討します。

開催場所

 出張講習になります(講習される企業様の会社もしくは近隣の体育館など)